書道 漢字基礎(行書と草書)

価格:¥27000- カードOK 送料込 税込み


■商品コード:tucl:10000035
お申し込み、資料請求等の際には、必ず以下をご確認下さい。  「受講のご案内」  「個人情報について」講座コードJ-1151 古典を臨書する 書道 漢字基礎(行書と草書) 玉川大学芸術学部講師 吉田 功(功用) 現在私たちが実用の面で最も多く使用しているのが、行書という書体です。行書の学習では、中国東晋時代に書かれた王羲之の書「蘭亭序」をお手本に取り上げます。彼の書は、規範の書として、また芸術美を備えた名跡として現代まで尊崇されています。しかし王羲之の真跡は一つも存在していません。謎の書聖・王羲之は、私たちに何を語りかけてくれるのでしょう。 続く草書体では、中国唐代に書かれ、今でも真跡が残る孫過庭の『書譜』(687年)をお手本に学習していきます。筆画を簡略化して便利に書けることや、感情を美しい律動にのせて書くことができるなど、他の書体では味わうことのできない魅力にせまります。 毛筆臨書に加えて硬筆(ペン)での臨書にもチャレンジしたいと思います。。 ●開講日 火曜日(12回)6月14日・21日・28日/7月5日・12日・19日     9月6日・13日・20日・27日/10月4日・11日     15:00〜16:50 ●定 員 15名 ●受講料 27,000円


レビュー平均:5.0
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター